温シップ?冷シップ? - 太白区 南仙台駅で肩こり 腰痛 頭痛解消の整骨院

門脇整骨院

Q&A

温シップ?冷シップ?

温シップ・冷シップにはそれぞれに特徴が有り、症状によって使い分けが出来ます。

一般的に、急性期の外傷など炎症や内出血がある場合は冷シップ

長期にわたって続いている痛みや血行不良などには温シップとされています。

当院でも温シップ・冷シップとも取り扱いしております。判断に迷う場合はご相談ください。

この記事を共有する

腰・肩・首の痛みを解消したい方へ

太白区,南仙台駅の整骨院

平日19時半まで受付 初回限定特典あり 土曜午後も予約受付 南仙台駅より徒歩15分 働く方の通院をサポート

【初回限定】慢性的な肩・首・腰の痛みを解消したい方へ

肩首の痛み、腰痛解消コース

通常5,500円→初回3,500円(税込)

【初回限定】慢性的な頭痛を解消したい方へ

肩・首の痛み、頭痛解消コース

通常3,500円→2,500円(税込)

【初回限定】保険外施術の方へ